会社案内

ゼンフーズジャパンは、海外の飲食店様向けの日本食材の輸出卸事業を手掛ける「和食文化の伝道師」です。
2003年に香港本社の帝有限公司(現:Zen Foods Co., Ltd.)を立ち上げ、冷凍まぐろの卸事業からスタートしましたが、現在では香港・マカオ・シンガポール・タイ・日本国内の飲食店やホテルに、まぐろのほか、鮮魚・冷凍水産・青果・精肉・お酒などを卸販売しています。
私たちは「我々はお客様の感動と全従業員の物心両面の幸せを追求すると同時に、日本食文化を世界に発信、浸透させるリーディングカンパニーを目指します」との経営理念を掲げております。
代表的な日本食文化といえば、多くの方が「寿司・刺身」をイメージされると思いますが、この寿司・刺身に欠かせないのは、まぐろであり、四季折々の鮮魚です。
このまぐろと鮮魚の世界各国への流通網を整えることが、世界中の方々に最高の日本食文化を享受いただき、さらには様々な日本食スタイルの拡がりを生み出す源泉だと考えています。
この「経営理念」の実現に向けて、今後さらなるグローバル展開と、国内事業の基盤づくりを進め、和食文化の伝道師としての責務を果たしてまいりたいと思います。

社名
ゼンフーズジャパン株式会社
Zen Foods Japan Co., Ltd.
所在地
〒104-0045
東京都中央区築地3-16-9
アーバンメイツ5階
Tel: (81) 3-6204-9422
Fax: (81) 3-6204-9423
事業内容
まぐろ、鮮魚、貝類、青果、精肉、酒類等、日本の高級食材の海外輸出卸および国内販売
創業
2007年6月1日
役員
代表取締役社長
氷室利夫
代表取締役副社長(兼グループ全体経営企画管掌)
田嶋亨基
代表取締役専務
青田大輔
従業員数
19名(2020年10月現在)
取引銀行
三菱東京UFJ銀行

沿革

2003年10月
香港初のまぐろ専門卸会社として香港に「帝有限公司(現:Zen Foods Co., Ltd.)」設立
2007年6月
日本の仕入輸出拠点として「帝エンタープライズジャパン(現:当社)」を東京新富町に設立
2011年10月
東京築地(現:豊洲)市場からの香港向け生鮮空輸便を週2便で開始
2014年10月
東京築地(現:豊洲)市場からの香港向け生鮮空輸便を毎日体制で本格化
2014年11月
「帝エンタープライズジャパン(現:当社)」を東京勝どきに移転
2016年1月
シンガポール向けの生鮮空輸卸を開始
2017年10月
「帝エンタープライズジャパン(現:当社)」を東京築地に移転
2018年11月
社名を「ゼンフーズジャパン株式会社」に変更
2019年3月
農林水産省「平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰」で農林水産省食料産業局長賞を受賞
2019年7月
マカオ向けの生鮮空輸卸を本格化
2019年11月
タイ(バンコク)向けの生鮮空輸卸を開始

アクセス

ゼンフーズジャパン株式会社

〒104-0045
東京都中央区築地3-16-9
アーバンメイツ5階
Tel: (81) 3-6204-9422

[アクセス情報]
電車:東京メトロ日比谷線「築地駅」徒歩2分
各線「東銀座駅」徒歩6分